LINK
カードがいらなく思える…そうした思いが頭をよぎったらクレジットの契約解除(けいやくかいじょ)をしてしまいましょう。確認は無用だと思われますがカードの無効化とは皆様がまさにそのクレジットカードを再び小売店などの売り場で会計出来ないようにするようなことである。あなたが今読んでいるこの一節の中で無用なカードの契約解除のやり方から契約解除に関する必要事項などを余すところなく解説してみることにしました。これをご覧になって下さったなら使用不可能化に際しての心配をきれいさっぱりぬぐいさってくれると思います。割り切って書くけれどもクレジットを無効化する方法は意外に簡単。「クレカにひとたび手続きをしたら、すぐに使用不可能化がするのは骨が折れるのではないのか?」といった考えや、「クレジット会社の機能停止の申請が複雑なんじゃないの?」といった具合に誤解してしまう使用者も多数いるという話だと聞いているが調べてみればカードのサイン側の面に印字されてある連絡先に電話をした後クレジットカード機能停止の意向を言うのみで楽に使用不可能化ができるのです(ほとんど3分くらいの申請で解約できます)。クレカを使用し始める場合はあんなにも複雑だったのとは対照的に契約解除の手順は一回の通話でいいの?などと肩すかしにあってしまう人もいるでしょう。実際に使用不可能化の手順は手間無しに終われるのでしょうか?その通りです。クレカの解約申請はごくまれな場合を外すと機能停止のための書類もいらない上に長い間申請が長引いてしまうなどという事態もないでしょう。間違いなくたった「所有している○○カードを契約解除するにはどうすればよいでしょうか・・・」といった具合に会話中の受付に直接宣言するようにすれば結構です。実際、私の知り合いも以前から10枚クレジットを契約解除するためにカード会社の社員と話して参りましたがただの一回も無効化でとまどったような事は皆無だったことからもその懸念については必要以上に考えないで結構です。ある人を介して耳に入ってきたことによれば契約解除を希望オペレーターに話したところ無効化しなければいけないわけは何であるかを確認されるという例外的なやり取りがあったらしいのですがあくまでもサービスクオリティの調査に過ぎない軽い聞き方だったと言っていたので慰留されるような面倒もないだろうと教えてくれました。たまたま都合を説明しなければいけなくなったという場面に出くわしても気を遣わずに『年会費がもったいないと感じたから』だとか『競合他社のクレジットサービスのDMを読んだらそちらがお得なので』という風に説明すれば問題ないのです