LINK
残念ながら今の状況では非常に稀有な場合を除いて商品券の売店でクレジットを利用する事ができる場所は100%に近い確率で存在しないのです。このため、VISA、MasterCard、NICOSなどのギフト券を活用した間接的クレジットカードの例はたまにしか現実的には役立てるに近いでしょう。じゃあどういう手段を用いれば直接でないクレジットができるのでしょう?と言われるとそれは今の時代、幅広く支持されている電子マネーという総称のEdy(エディ)、Webmoney、Smart Plus、とかSuica(スイカ)、VISA Touch、nanacoなど。こういうものを用いて遠まわしに使うクレジットを行う事も可能になるのです。PASMO、iD、Smart Plus、またICOCA、VISA Touch、nanacoなどはクレジットで購入するという事ができるのギフト券◆PASMO、Webmoney、QUICPay、またはICOCA、WAON、nanacoなどに馴染みのない人たちにとっては自然と複雑な感じを持たれるのかもしれないですが、これらの電子マネーという物はいわばギフト券なのです。NICOSなどの金券と全く差異はありません。同時にこのような電子マネーというものはクレジットを用いて簡素に買い物する事が可能なという点がメリットなのです。そしてそういう電子マネーという物はこのところネットショッピングはじめとして駅ナカや各種売店などなどといった場所でも用いることが可能にもなっている。「当店においてはクレジットカードはご運用にはなれません」と明記していたショップでの購入でもEdy(エディ)、Webmoney、QUICPay、だったりICOCA、nanacoなどを使うなら活用できる時がいっぱいあるのです(ローンポイントが確実に貯まる)。つまりクレジットカードが用いられない店舗であっても段階を踏んでカードを使う方法で、カードポイントを得してもらおうという手段です。普段通り高いショッピングをエンジョイするのみではつかないカードポイントであるため何としても使用しちゃって欲しいと思います。